大手産業機械メーカー荏原製作所がOfficial-Alumni.comを導入
メールアイコン メニューアイコン

大手産業機械メーカー荏原製作所がOfficial-Alumni.comを導入

長期ビジョン『E-Vision2030』に基づいた人材の活躍促進の一環として出口戦略に取り組む

■背景

荏原製作所がアルムナイ制度を開始する背景には、同社の長期ビジョン『E-Vision2030』があります。これは2030年時点での荏原製作所の理想像を前提に、成長戦略を考えたもの。社会や環境へのサステナブルな価値を意識しながら、現在の約3倍となる時価総額1兆円を目標としています。この『E-Vision2030』の重要課題の一つが「人材の活躍促進」です。

社会の変化に伴い、荏原製作所も年功序列を廃止。役割等級制度を導入し実力主義の浸透が進む中、社員のキャリアデザインの重要性が増しています。

そのような中で新たに目を向けるのが「退職以降の出口戦略の構築」であり、その取り組みの一つが「アルムナイ制度」です。

世の中で活躍する荏原製作所の卒業生とつながり、人脈を広げ、卒業生を含めたタレントを可視化するために『Official-Alumni.com』を用いたアルムナイネットワークの構築に取り組み始めることとなりました。

『Official-Alumni.com』を通じて、荏原製作所の卒業生「エバルムナイ:Ebalumni(Ebara-Alumni)」と荏原製作所の双方にとって価値のあるネットワークを目指していきます。

また、アルムナイネットワークの構築と平行して、退職者に向けた『退職アンケート』も実施予定。退職者の本音の退職理由を把握し、組織課題へのフィードバックとして生かすことで、退職者にとっても在職者にとっても居心地の良い組織を目指します。

■人材開発部 部長 太田晃志さんのコメント

当社にとってアルムナイ制度は「組織がアクセス可能な人的資源の範囲を拡張する」ことを意味します。これは「組織そのものの境界を拡張する」とも言い換えられます。
どれだけ離職率が低くても、退職者は年々増えていきます。その退職者をどのように自社の仲間にするのか。

入口の採用から、在籍中、そして卒業となる退職後までの情報や人をつないでいくことによって、グローバル市場で持続的成長を実現するための多様な人材の獲得や育成につなげていきたいと考えています。

【荏原製作所アルムナイネットワーク担当者のインタビューはこちら】https://alumnavi.com/ebara/

■株式会社荏原製作所の概要

代表者            :浅見 正男
本社               :東京都大田区羽田旭町11-1
事業内容         :風水力事業、環境プラント事業、精密・電子事業など
資本金            :794億円(2020年12月末現在)
連結従業員数  :連結17,480名(2020年12月末現在)単体 4,047名(2020年12月末現在)
連結売上高      :5,237億円(2020年12月末現在)